着工から121日目で引き渡しとなり、2015年7月下旬に引っ越し完了しました。
家づくり中のエントリはラベル【家づくり】に分類しています。


2015年7月13日月曜日

LDKのシーリングファン 購入編


昨日は竣工立会い。
ここまでくると、やっと少しだけ「自分たちの家なんだ!」という実感が・・・・。
竣工立会いのことについてはまた後日投稿予定。

で。
その竣工立会い時に、以前記事にもしたペンダントランプを設置予定でした。
なぜ「でした」なのかはこれたまた後日・・・( ̄ー ̄;

※本来なら、引き渡しまでは施主の物を入れるのはよくないのだそう。なぜなら引き渡し直前にクリーニングが入るかららしい。このペンダントライトは「施主支給=施主が購入して設置は住林」ではなく、単なる「施主購入品」なので、設置は引き渡し後が望ましいそうな。

それならこれも・・・と、あわよくば同じタイミングで設置してしまいたい!というモノを、先日ネットでポチしたところ。
それはコレ!
画像はネットからお借りしています。

シーリングファン。


とはいえ、上の写真みたいなオシャレなファンは設置できない。
なぜなら、設置場所のLDKの天井高は普通の高さ(2450mm)だから!

そもそも、なぜ普通の天井高の部屋にシーリングファンを設置したいのかというと、LDKの空気を撹拌させたいから。
単に撹拌させるだけならサーキュレーターでいいじゃないかとケンケンに言われたのだけど、サーキュレーターは「場所を作って置く」必要があるのでそれが私の中でネックに。新居のLDKでは、できるだけ物が置いてある状態を避けたかった。

そして私は、機械的な風が直接体に当ることがとても苦手(エアコンや扇風機など)。なので、違う方法で空気の撹拌をしたい。
それらを踏まえての、シーリングファン。

ということで、天井高を考慮し圧迫感を少なくすることを最優先として、以下のような条件でファンを選定。

①薄型であること
  ⇒天井からの凸を少しでも少なくする
②色は白であること
  ⇒天井が白なので存在感を消すように
③本体のみで照明はなし
 ⇒照明があると凸が大きくなり、存在感も増す
④4枚羽であること
  ⇒3枚羽では風量があまりないようなので
⑤DCモーターであること
  ⇒静音性と動かしたときの電気代を少なくする
⑥小型であること
  ⇒おしゃれカフェなどに設置されている巨大な物はムリ


選定の際、勉強させてもらったウェブショップはコチラ
 ⇒シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店fazoo


上記の条件で探していくと結構絞られてきて、選ぶのはわりとスムーズにいったかも。
fazooさんの便利な機能を利用して絞込んでみると、パナソニック、コイズミ、オーデリック、ダイコーあたりの有名会社のものが残り、その辺りから吟味。
最終的には【コイズミ AEE595031】に決定!
購入先はこちら⇒



メーカー直送で、注文後2日で届いたっΣ(゚Д゚;)ハヤッ!
結局昨日は取付できなかったので、またそれも後日に・・・。
取付け後のLDKの雰囲気がどうなるか・・・いささか不安(゚д゚;)



【私的メモ】
ファンの選定において、学ばせて頂いたブログさん。

家づくり手帖
 ・天井に取り付けました
 ・シーリングファンを付けた理由と、使い心地
 ・シーリングファンの機種選定と設置総額

PanaHome CASART で一戸建て
 ・シーリングファンの取り付け (その1)
 ・シーリングファンの取り付け (その2)
 ・シーリングファンの取り付け (その3)



↓参考になりましたら、ぜひポチッとクリックしてください^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

0 件のコメント:

コメントを投稿