着工から121日目で引き渡しとなり、2015年7月下旬に引っ越し完了しました。
家づくり中のエントリはラベル【家づくり】に分類しています。


2015年7月8日水曜日

EVコンセントのタイマー化を試みる


我が家は、近い将来EVカーもしくは、PHEVカーの導入を視野に入れてる。
なので、当然のように新居には200VのEVコンセント(EV・PHEV用屋外コンセント)を設置したわけで。

そのコンセントについて、めずらしくケンケンのこだわりが炸裂したので記録を( *´艸`)


-------------------------------------------

いきなり話はそれて・・・

確か100Vの屋外コンセントは標準で1か所設置可能。200Vになると提案工事になり追加費用が発生する仕組み。
我が家の場合、かかった費用は以下。

・EV充電用コンセント+電源スイッチ 30,360円(諸経費・消費税別)

実はこのEVコンセントもひと悶着ありまして( ̄ー ̄;

営業Mさんに連れられてとあるお宅の完成見学に行った際、そのお宅の屋外にコンセントがあった。
それをみた私が、EVカー用のコンセントかと質問すると、Yesの返答。
3年前位に住林で建てた私の友人は提案工事で付けたと言っていたけれど、今は標準になったのかと質問すると、Yesの返答。
(ちなみにその友人の担当営業も我が家と同じMさんで、Mさんも友人と私が親しいことを認識している)
それはすばらしい!という話をMさん、私、ケンケンとした。

なのに。なのにですよ。
設計段階で200VのEVつけるっていうと、設計さんからは「追加料金になりますよ」とのお言葉。

はぁ!?何言ってんの?

となるわけだ、当然。
んで、設計Tさんに前述のMさんの返答の話をしても「提案工事扱いです」の一点張り。営業Mさんに問いただそうにも、その頃には異動していて我が家が頼んでいる支店にはいない・・・。

なんだか納得いかなかったけど、完成見学のときに私がした質問は「EVカー用のコンセント?」という内容で、何ボルトなのかまでは追究しなかった。もしかしてあれは100Vのコンセントで、そうだとしたらMさんの「標準です」の返答は誤りではない。

ぐぬぬぬぬ~・・・・・(-゛-メ)
納得いかん、なんかものすごく納得いかん!!しかし・・・・ボルト数を確認したわけじゃなかったから強く言えない・・・・!!!

ということで、おとなしく提案工事として200VEVコンセントを設置したのであった。
Mさんの「標準ですよ」には幾度となく騙されている我が家なのである。
(私やケンケンが標準なのかどうかと聞いているものと、Mさんが聞かれていると思っているものが一致していないとか、そういうことも原因かと。それにしても、無責任な「標準ですよ」発言は控えて頂きたかった・・・)

-------------------------------------------


閑話休題。


我が家のEVコンセントはここ(赤で囲んだ場所)


緑の部分に設置するという選択もあったけど、赤の場所なら軒下なので濡れずに使える~♪ってことで安易に決定。

そしてここからがケンケンのこだわったところ。


設置したコンセントを利用して、EVカー若しくはPHEVカー(以降「車」とします)に充電をする分けですが、どうやら車種(もしくはグレード?)によって、車側にタイマー機能がついていたりついていなかったりするそうな。
そこに気づいたケンケン、それならコンセント側でタイマーにしちゃおうじゃないかと、さっそく対策を練ったのである。



<その1>ケンケンからの提案
Panasonic あけたらタイマの採用を検討(商品HPはコチラ→
⇒生産Tさんに確認をしてもらうも、200Vには対応していないとのことで却下
画像はパナソニックのHPよりお借りしています



<その2>その1が不発に終わったため、生産Tさんからの提案
Panasonic 電子式タイムスイッチの採用を提案
(商品ページはコチラ→回路によって2種類あり、どちらが該当するのか不明。デザインは一緒
⇒見た目がダメで私がNG。(設置場所が玄関から丸見えなので)
画像はパナソニックのHPよりお借りしています



<その3>その2も不発だったので、さらにケンケンから提案
その2のタイムスイッチを隠すまたは見えない場所へ移動
⇒移動をTさんがOKだす。
 どうせならと、2F階段ホールの収納内にある分電盤と並べて設置し、
 さらにボックスを作って入れるのはどうかと提案して下さる



<その4>その3の提案直後、Tさんの返事を待たずしてだした別案
Panasonic タイムスイッチ(カバーがついたもの)を提案
(商品ページはコチラ→回路によって2種類あり、どちらが該当するのか不明。デザインは一緒
⇒下部に接続口があるため、配線が露出するとTさんからの指摘
画像はパナソニックのHPよりお借りしています





といった4つの提案が次々と行われ、最終的には以下のように。

・タイムスイッチ:TB23K を使用(その4を採用)
・設置場所の移動をしてボックスを作成、その中にスイッチを設置


晴れてケンケン念願のタイマースイッチとなったのである。オメデトウヽ(・∀・)ノ
なんでもTB23Kは週間式タイムスイッチらしく、曜日ごとの設定ができるとかなんとか。(私はそこはノータッチでさっぱりわからないけど、そんなようなことを言っていたはず)なので、平日夜だけ通電とか、細かな設定ができるんだって!


とはいえ、まだ肝心の車を買ってないけどねぇ~(゚∀゚)



↓参考になりましたら、ぜひポチッとクリックしてください^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

0 件のコメント:

コメントを投稿