着工から121日目で引き渡しとなり、2015年7月下旬に引っ越し完了しました。
家づくり中のエントリはラベル【家づくり】に分類しています。


2015年1月19日月曜日

トイレ、決めました


今回は、トイレの仕様について。
施主支給も視野に入れていた為、提案(いわゆるオプション)にした場合の価格なども聞いて検討した部分なので、その辺についても書きたいと思ってます^^
(注:当投稿に書く標準品および提案品の価格や差額、品番などは、2015年1月現在のBF構法での場合です。実際に検討される場合には必ずご確認下さい。)

まずは我が家のトイレ。

1Fは標準です。TOTOの“GG-J1”


住林カタログより
TOTOの“GG-J1” 1Fの標準です

タンクレスの様に見えますが、実際はタンクがあって製品の種類としては“タンク式ローシルエット”というようです。
多分TOTOのGG1と一緒なのではないかな??

我が家はタンクレスには全くこだわっていなかったので、このローシルエットで十分と感じました。
同じようなローシルエットのもので施主支給を考えて調べてみたところ、TOTOのGG2やGG3にしても機能的には劇的な違いがない割に、価格的にはGG2で差額が約+36,000円、GG3で差額が約+55,000円。(設置費用・諸経費・消費税込で計算してます)

提案部材にするよりは安いのかもしれませんが、なんたってトイレにはこだわりのない私達。保証のことや個人での手配の面倒さを考えた結果、標準でいくことに。
提案部材にすればリモコンがスティックリモコンになりますが、まあそれはいいでしょう。いざ設置されて見慣れてしまえば、たぶん何とも思わないはず(笑)



2Fは少しだけ奮発して提案部材に!
LIXILの“GBC-282U-SR”

住林カタログより
LIXILの“GBC-282U-SR” 提案部材です

標準だとタンクと便座部分が離れている「分離型」なのですが、それだとその離れている部分の掃除がすごく面倒!今の賃貸がそのタイプのトイレですが、隙間を掃除するのに指2本位を一生懸命伸ばして拭き拭きしてます。
諸経費&消費税を入れて考えても+14,600円でそれから解放されるなら!と一体型を選びました。



ちなみに、各々TOTOとLIXILから選べるのですが、値段が一緒というわけではなかったです。以下、私が設計さんから聞いた各トイレの価格です。差額は標準の価格をマイナスして考えてくださいね。
また、採用しなかったけど価格を聞いたものをカタログから抜粋してアップしておきます。(注:私が確認できたものだけ記載します)


<1F>
①標準(TOTO:タンク式ローシルエット:GG-J1)/108,281円 ←我が家採用
②標準(LIXIL:タンクレスJタイプ:J3G)/128,520円

LIXILの1F標準


<2F>
①標準(TOTO:タンク式分離型手洗付:STT340BLJ2)/78,030円
②提案(TOTO:タンク式一体型手洗付:CES9135L)/107,530円
③標準(LIXIL:分離型シャワートイレ手洗付:GBC-280U-H2-SR)/78,030円
④提案(LIXIL:一体型シャワートイレ手洗付:GBC-282U-SR)/81,740円 ←我が家採用

TOTOの2F標準  右側の手洗付です

TOTOの2F提案部材  右側の手洗付です

LIXILの2F標準

<施主支給の場合の注意点>
設置料:26,000円がかかり、別途諸経費+消費税が上乗せされます


他にもトイレアクセサリー等の説明がありましたが、長くなってしまったので次回に書きます^^


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

0 件のコメント:

コメントを投稿