着工から121日目で引き渡しとなり、2015年7月下旬に引っ越し完了しました。
家づくり中のエントリはラベル【家づくり】に分類しています。


2015年1月26日月曜日

インテリア打合せ 3回目


昨日は、インテリア打合せ!
平日行った日もあるから3回目。

照明・ウィンドウトリートメント・壁紙、ほぼ決まりました!
駆け足だっかけど、自分でも色々調べて決めたから(主に照明)、満足度高いです。

しかし!!!

これだけでは終わりません( *´艸`)
やはりICさんは予算いっぱいまで使ってプラン出してくるので、削れるところ削ります!



★照明

ダウンライトは仕方ないとして、ペンダントライトとシーリングライトは施主支給。だって、住林さんで扱ってるパナのもコイズミのも大光のも、ネットで買うと半額ぐらいになる。なので、自分達で取りつけられるものは自分達で調達。

ポーチ灯も勝手口のライトもグレードダウン。使わないような機能はいらないし、勝手口なんてお隣で隠れて見えないので恰好つける必要はないのです。

寝室も、カナリ恰好いい建築化照明もどきを提案してくれましたが、あんな高額なものである必要はないのです。私たち夫婦の生活習慣&生活サイクルだと、本当に寝る時しか寝室に行かない。
だとしたら、ずんごい格好いいのよりも、ある程度格好いいので十分。そこでもダウン。

代わりに、トイレには2つ共センサー式に。費用は実用的な部分に費やすのだ。



★ウィンドウトリートメント(カーテンなど)

窓の特性や部屋の雰囲気により、一般的な「カーテン」を使えるのは1部屋だけになった。もちろんそこは施主支給!なんなら、今使ってるカーテンを自分でサイズ変更して使おうかぐらいの勢い!(←だって3年しかつかってないし、悩みに悩んで買った思い出深いやつだし)

もちろん相見積り取ります!

ICのYさんは好きだし一緒に選ぶのはとても楽しかったけど、背に腹は代えられんのです。カーテン類は、費用抑えるのにもってこいの部分だと思うんです。
ということで、カーテン王国とファニチャードームの2店舗、見積取りに行きます。選ぶものはすでにYさんと選んだものを基にするので時間もかからないでしょう!



★壁紙

もちろん、全て標準から。
私の好きな展示場、全て標準の壁紙だって知った時から、私も全部標準でいける!って思ってた。選び方、使い方次第で標準でもそうじゃないみたいに感じれるんだと思う。
水回りはリリカラの塩ビ、部屋は住林オリジナルの紙壁紙にしました。ポイント使いしたのは、寝室とトイレのみ。あとは統一です。



こんな感じです。

またしっかり資料揃えたらorWEB内覧会でご紹介したいとおもいまーす^^


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月21日水曜日

トイレアクセサリー


前回のトイレ仕様に引き続き、トイレアクセサリーの仕様を。。。
とはいっても、ほぼすべて標準ですけどねっ(・∀・)
住林でのおうちづくりを考えている方の参考になれば・・・と思ってます。


ではまず、1Fトから。


★タオル掛け
 なんとカワジュンの製品が標準でした。品番はSC-600-XC。
 すっきりとしてて良い感じです。施主支給いらないヽ(・∀・)ノ


★手摺カウンター(ペーパーホルダー付)
 住友クレスト製のものです。品番はRTC-PH0606-R。
 画像の赤で囲んだ部分。我が家はメイプルにしました。
 確かペーパーホルダー部分はプラスチックじゃなくて、
 クロームかなんかのシルバーのものだったような。


★手洗い器
 これもクレストさん。品番はXOCT-039-R。
 手洗い器上部がミラーに変更もできます(もちろん提案部材)が、
 我が家は標準のままで。面材は手摺と合わせてメイプルにしました。



次に2F。

★タオル掛け
 1Fと同じもの。

★ペーパーホルダー
 こちらもカワジュンさんのもの!品番はSC-603-XC。


★サニタリーウォール
 こちらはクレストさん。品番はSW3-A。
 契約前に営業Mさんが、トイレにはこんなのつくんですよ~って言うから、
 ずっと標準だと思ってたら、チャッカリ提案部材でした。。。
 Mさん、結構こういうの多いんだよね~(・_・;)

 でもまああった方がいいのわかってるから、そのまま設置してもらうことに(笑)
 壁埋め込みタイプなので、場所取らなくていいです。
 価格は11,980円(諸経費・消費税別)。これはホワイトしかないみたい。



こんな感じのトイレアクセサリーでした。
なんだかつまらない投稿になっちゃったな~(・_・;)


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月19日月曜日

トイレ、決めました


今回は、トイレの仕様について。
施主支給も視野に入れていた為、提案(いわゆるオプション)にした場合の価格なども聞いて検討した部分なので、その辺についても書きたいと思ってます^^
(注:当投稿に書く標準品および提案品の価格や差額、品番などは、2015年1月現在のBF構法での場合です。実際に検討される場合には必ずご確認下さい。)

まずは我が家のトイレ。

1Fは標準です。TOTOの“GG-J1”


住林カタログより
TOTOの“GG-J1” 1Fの標準です

タンクレスの様に見えますが、実際はタンクがあって製品の種類としては“タンク式ローシルエット”というようです。
多分TOTOのGG1と一緒なのではないかな??

我が家はタンクレスには全くこだわっていなかったので、このローシルエットで十分と感じました。
同じようなローシルエットのもので施主支給を考えて調べてみたところ、TOTOのGG2やGG3にしても機能的には劇的な違いがない割に、価格的にはGG2で差額が約+36,000円、GG3で差額が約+55,000円。(設置費用・諸経費・消費税込で計算してます)

提案部材にするよりは安いのかもしれませんが、なんたってトイレにはこだわりのない私達。保証のことや個人での手配の面倒さを考えた結果、標準でいくことに。
提案部材にすればリモコンがスティックリモコンになりますが、まあそれはいいでしょう。いざ設置されて見慣れてしまえば、たぶん何とも思わないはず(笑)



2Fは少しだけ奮発して提案部材に!
LIXILの“GBC-282U-SR”

住林カタログより
LIXILの“GBC-282U-SR” 提案部材です

標準だとタンクと便座部分が離れている「分離型」なのですが、それだとその離れている部分の掃除がすごく面倒!今の賃貸がそのタイプのトイレですが、隙間を掃除するのに指2本位を一生懸命伸ばして拭き拭きしてます。
諸経費&消費税を入れて考えても+14,600円でそれから解放されるなら!と一体型を選びました。



ちなみに、各々TOTOとLIXILから選べるのですが、値段が一緒というわけではなかったです。以下、私が設計さんから聞いた各トイレの価格です。差額は標準の価格をマイナスして考えてくださいね。
また、採用しなかったけど価格を聞いたものをカタログから抜粋してアップしておきます。(注:私が確認できたものだけ記載します)


<1F>
①標準(TOTO:タンク式ローシルエット:GG-J1)/108,281円 ←我が家採用
②標準(LIXIL:タンクレスJタイプ:J3G)/128,520円

LIXILの1F標準


<2F>
①標準(TOTO:タンク式分離型手洗付:STT340BLJ2)/78,030円
②提案(TOTO:タンク式一体型手洗付:CES9135L)/107,530円
③標準(LIXIL:分離型シャワートイレ手洗付:GBC-280U-H2-SR)/78,030円
④提案(LIXIL:一体型シャワートイレ手洗付:GBC-282U-SR)/81,740円 ←我が家採用

TOTOの2F標準  右側の手洗付です

TOTOの2F提案部材  右側の手洗付です

LIXILの2F標準

<施主支給の場合の注意点>
設置料:26,000円がかかり、別途諸経費+消費税が上乗せされます


他にもトイレアクセサリー等の説明がありましたが、長くなってしまったので次回に書きます^^


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月16日金曜日

太陽光発電 全量・余剰について考える


過去記事“Green Smart Solar Z!(太陽光発電)”の更新直後、太陽光発電についてちょっと調べたことなどあったので、どなたかの情報になれば&自分の記録として書いてみます。


事の初めは、「新しい省令が決定した!」と設計Tさんから連絡が入ったこと。(それについては先日書いたのでコチラをどうぞ。記事の最後の方です⇒

それをきっかけに、あの一条ブロガーさすけさんが何か書いていないだろうかと久しぶりにお邪魔したのです。すると数件前の投稿に見過ごせぬものがありました。投稿タイトルは「夢発電の再考:太陽光10kW以上全量買取より余剰電力買取がお勧め?」です。

さすけさんが投稿するぐらいだから、適当な内容ではないはずだ!とすぐさま拝読。すると、既に全量で申請を出してしまった我が家としては少々不安なことが書かれていました。

一番驚いたのは全量売電から余剰売電に切り替える時は、電気配線をやり直す必要があるということ。そしてその工事が大掛かりで工事費も高額になりそうだということ。
し、知らなかったぁ~~~~!!!


----------以下、さすけさんの投稿からの引用です(許可頂いています)-----------

全量では20年後に配線をしなおさなければ自家消費を行えない

全量買取で契約をした場合、太陽光が発電した電力を住宅内に引き込むための配線が存在しません。

そのため、20年後に売電単価が大きく値下がりしてしまった場合、発電した電力を自分の家で使いたいと思っても配線工事をし直さなければ自分の家で発電した電力を使うことができないのです。

ここで、一条工務店の家が問題となります。壁が分厚く気密施工されている家に穴を開けて配線を引き込む必要が出てきてしまうのです。。。当然一条工務店に工事を依頼すればそのような施工を行ってくれると思います。でも、お金がかかります。

さらに配線工事も新たに必要になると思います。パワコンから住宅内へのかなり太い配線をし直す必要になるため、費用的には割だかなものになってしまうと予想されます。

金額についてはなんとも言えませんが、直感的なところで10万円前後ではないかと思います。この他に、各電力会社への申請手続き(全量契約から余剰契約への切り替え)も必要になり、これには当然申請手数料や代行手数料がかかってくるでしょう。金額は全く分かりませんが、数万円はすると思います。

一方、余剰電力買取で契約している限りは、20年経過後も売電する電力をどうするかは検討が必要ですが、発電した電力を自宅で使用するために、配線をし直したり、契約を変更し治したりする必要はありません。

------------------------------------------------------------------------


堅実なケンケンがこれを拝読しているようであれば、何らかのアクションをしたはず!でも何もしてない。。。。ってことは読んでない!?と思い、すぐさまケンケンに、さすけさんのこの投稿読んで!とつたえる。

するとやはり、私と同じ部分に反応。様々な知識を持つケンケンですが(手前味噌ですんません)、さすがに現時点ではここまでは調べていなかったようです。
迷いが生じたケンケンは設計Tさんに、「今から余剰買取に変更できるのか確認してほしい」と連絡をしたそうです。
(余剰買取を選択に加えることができるのか確認したかったようです)

ナラ×アイアンのダイニングテーブル。かっこいい!!!
インテリアショップ LAMP07さんのHPよりお借りしました

その3日後の打合せで設計さんからの返答は「もう全量買取で申請通ってるみたいです。変更でできません。」でした。
あらー。20年後に自家消費にするには工事が必要になるわけかぁ~。残念。

しかしそこであきらめないのがケンケン。

「配線してもらうときに、全量買取用とは別に、
 余剰買取用のをひいておいてもらうことはできないですか?
 つながなければ問題ないわけだから、線通すこと自体はできるよね?」

まじか(゚∀゚)すごいこと思いついたネ!(こっち心の声)


もちろんTさんには答えられないわけで、一度確認してもらうことになりました。
(しかし誰に、どこに確認する案件なんだろう・・・)

Tさん的には、新築した後に当然中電の確認が入るから、その時に余剰用の配線準備がしてあると引っかかるかもしれない・・・と言ってましたね。まあそれも一理あるわけですが。

ケンケンのこの目論み、どんな結果になるのでしょうか。。。
また返答が届いたらご報告します(^_^)


ちなみに、余剰買取用と全量買取用の配線がどう違うのか調べてみようとググったら、わかりやすーい説明してあるところを見つけたのでリンク貼っておきます。

コチラ ⇒ 東京電力HP「太陽光発電設備の施設例」

前述のさすけさんの投稿、本当に勉強になりました。
しかも、その投稿にコメントなさっている方々のお話&さすけさんの返答も、これまた勉強になるのです。
世の中勉強家&頭のいい人いっぱいいるんだねーーーー(・_・;)


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月15日木曜日

引き込み戸の検証


先週末の打ち合わせ日、打ち合わせの前に展示場(モデルハウス)へ行ってきました。行ったのは私のお気に入り展示場。(過去記事⇒
何をしに行ったのかというと、「引き込み戸の確認」をしに行ったのです。

我が家の引き込み戸は、玄関ホール~LDKの出入りをする一か所だけ。
当初設計Tさんの出してくれたプランでは、引き戸になってましたが、LDKって一番長い時間いるところだし、両側が壁になっていた方がスマート。それにいざ何か家具を置きたいとなった場合も、引き込み戸の方が置きやすい^^(ただ、お値段がね・・・・)

変更して、両側が壁になってスマートになってよしよしって満足していたんだけど、急に気になってしまったことが!

フルオープンにしたあと、閉める時はどうやって建具を引っ張り出すの!?
多分なにか持つ場所があるんだろうけど、それは手の大きなケンケンにとって小さすぎない!?
(小さい⇒持ちにくい⇒閉めにくい⇒開けっ放し が容易に連想できる!)

ということで早速ググってみたものの、案外引き込み戸フルオープンを写真載せている方が少なかった。さらに、載せられていても数年前だったりしたのです。数年前にもなるともしかして仕様が変わってるかもしれないし・・・・

一度気になりだすとウズウズしてしまう私は、打ち合わせ前にあの新しいモデルハウス行っちゃえばいーじゃん('▽')と気づいたのだった。。。

ってことで行ってきました。
連休中日だったので、ハウジングセンター内でイベントやってて、子供がいっぱいいた~!何やってるのかのぞいたら、ジバニャンが!

ジバニャン、顔でかいよ・・・

それはともかく。
検証してみましたよ、引き込み戸!


はい、これ引き込み戸ですよ~。
(ちなみに映ってる床材は、ウォルナット無垢床)
手前にある引き戸が引き込み戸


ほらねー、引き込んでる引き込んでる。
って真ん中に金具が!これを使って引っ張るわけですね。
床上70~80cmぐらい(私の感覚です)の位置に、金具があるのだ


私の手で持ってみたよ。結構小さい・・・・。
私の手小さい方なんだけどな~。(手のひら下端から中指の先まで15.5cmです)
金具の上をグっと押すと、下側がデロンっとでてきます。
金具の全長、5cmもないんじゃなかろうか


という検証でした。
私にとってはまあ大丈夫かなって感じ。ただ、この小さな範囲からしか戸を引けないのは面倒と言えば面倒。しかしきっと住めば慣れるレベルですね。


実はこの日、ケンケンとは打ち合せをするSRで待ち合わせていたので、ここへは一人で行ったのです。なのでせっかく行ったのに一番検証してほしい人にして貰えなかったという悲しい結果(´;ω;`)

代わりと言ってはなんですが、図々しくもモデルハウスにいた男性社員さんに「使いにくくないですか?金具、小さくないですか?」って聞いちゃいました!
返答としては、「使いにくくもないし、小さく感じたことはない」とのこと。
ふふーーん。そうかそうか。じゃあまあケンケンも大丈夫だろう(゚∀゚)


その後、SRで引き込み戸のあの金具についてケンケン&設計Tさんと話していたのですが、Tさんの一言であっさりケリがつきました。

「ドア開けて通ろうとしたときってフルオープンにすることの方が少ないですよね(゚∀゚)」


・・・・・・・・・・・・・・・・。
それ、言わないで。実は気づいてたから~ヽ(・∀・)ノ


そんなこんなで、我が家の唯一の引き込み戸はそのまま採用となりました☆



↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月14日水曜日

お風呂、決めました


我が家の仕様シリーズ、今回はお風呂について書いてみます。


我が家のユニットバスは、トクラスにしましたヽ(・∀・)ノ
曲線が美しいエルゴと、スタイリッシュなブロッコが差額なしで選べるわけですが、ブロッコをチョイス!サイズはいわゆる1坪サイズの1616です。
ちょっと前まではブロッコは差額が発生する提案工事扱いだったそうですね。

トクラスに決めた理由は特にこれといってないのですが、敢えて挙げるならば以下の2点。

①ショールームに実物を見に行くことができた
 (住林SRにもあったけどね)
②ブロッコにすれば掃除がしやすそう
 (エルゴだとカウンターの隙間が掃除しにくそう)

LIXILのショールームにも行ったのですが、どうやら住友林業の標準になっているモデルはグレードが低い部類っぽい感じ。
積水ホームテクノに至っては、ショールームもなければ住林SRにも展示なしで、選択肢から外してしまいました。
そんなこんなでトクラスのブロッコです。

カタログより、ブロッコの説明を抜粋

色の組み合わせにはこだわりがなかったので、おすすめカラープランそのままです。
チョイスしたのは“オリーブブラウン”。

カタログより抜粋。
赤で囲んだ部分がオリーブブラウンのおすすめカラープラン

トクラスショールームで見てきましたが、カラーパネル部分の色が濃いと水垢が目立つかな?と心配してたのも解消です。思ったほど濃い色でもなかったし、木目がカモフラージュになりそうです(笑)
友人が住林さんでお家を建てていて、格好いいからとブロッコの黒を多用したお風呂にしたのですが(多分、おすすめカラープランのアートブラックBかな)、水垢が目立って仕方ないと嘆いていましたので気になっていたのです。

トクラスショールームにあった、オリーブブラウンのフロントパネル
改めて見てみたら、アンダーカウンターがない!

あとは、鏡をなしにする予定です。
①私もケンケンも視力が悪くて鏡があっても見ることがない(というか見えないw)
②どうせ曇ってみえなくなる(今の賃貸のもそうだし)
③水垢?カルキ汚れ?(あの白いうろこ状のやつ)の掃除をしたくない!
の3つの理由からです。ケンケンも特にこだわりがないみたいでOKもらいました(゚∀゚)
男性はお風呂で髭剃りされる方もいるみたいですが、ケンケンの場合は洗面所なのでその点も問題なし。

鏡なしにしたら差額でるかな~って期待したのですが、どうやらそれなないみたい。
ユニットとして発注するから鏡だけをなしにすることはできないそうです。なので、正確には「鏡は発注するけど、設置はしない」ということになるのかな。

結果としては鏡が余ってしまうことになるので、どこかに設置するなら設置場所決めてね~っていわれました。その場合はそのままだと危ないから額みたいなのつけて、指定した場所に設置してくるそうな。優しい!でもその額の分お金いるのかな?聞き忘れた(゚∀゚)もしもどこにも設置しないのだとしたら、鏡だけ「はいどうぞ」って渡されることになるらしいです(笑)

って、鏡の件は今これ書いてて思い出したのよねー。もう一度設計さんに確認しておこうっと。

あとは、シャワーを掛けるところ。(なんていうの?)
鏡がなければもう少し浴槽から離したいなって思ってたのですが、これもかなわず。
前述のとおり、お風呂はユニットなので金具部分の穴を開ける場所が決まっているそうな。残念。

赤丸の所が、“シャワー掛けるところ”の部分

提案工事はひとつだけ。
シャワーを掛けるところ(くどいけど、なんていうの?)を、握りバー兼用のスライドバーにしました。差額は+4,040円(諸経費・消費税別)。

ちなみに、できるならドアもスライドドア(片引き)にしようかなーって思ってお値段聞いてみましたが、驚きの差額+66,000円!くどいようだが諸経費・消費税は別!すぐさま却下となりましたヽ(・∀・)ノ


【お風呂仕様まとめ】
 ・メーカー:トクラス
 ・形:ブロッコ
 ・サイズ:1616
 ・カラー:
   フロントパネル/オリーブブラウン
   ベースパネル/ホワイトストライプ
   バスタブ・バスエプロン/スタークホワイト
   アンダーカウンター・インナーエプロン/オフホワイト
   フロア/オフホワイト
 ・鏡の設置をしない
 ・シャワーを掛けるところ⇒握りバー兼用のスライドバーに変更(提案工事)
      

↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月12日月曜日

基本設計が終了!(一部未決定だけどネ)


昨日は設計さんとの打ち合わせでした。
15時から開始して、気づけば19時!なかなかの集中力でした。

設計さんとの打ち合せは12月14日以来だったので、今日までの間に検証して変更したくなったこと等たーーくさん伝えてきました!忘れないようにチェックリストも作って持って行って、伝えたら×つけて~ってやってました(笑)

もうビックコラムや柱の移動を伴う変更はなさそうだという段階まで来たので、今日が基本設計の最終確認日ということで、そんなような書類(というか、設計さんが使っている打ち合わせ記録に綴じられている1ページ内ですが)にケンケンがサインをしました。
これをもって、CAD図面作成に取り掛かるらしいです。

前回打ち合わせの時に話してもらったのですが、CAD図面を作成し始めてしまった後、何か大きな変更がある場合は変更料が発生するらしいです。(その時は、コラムと柱位置の変更とか…って言われた程度)
そんなことを言われると不安になるのが人というもの(;へ:)
もう後戻りはできなくなると、今まで以上に本気で間取りを見直し、イメージして今日の打ち合わせで変更箇所を伝え、コラムと柱の位置調整をしたのです。

で、今日はその“何か大きな変更”とは具体的には何なのか聞いてみました。
すると設計Tさんの回答はこんな感じでした。

構造計算をやり直さなければならないケースが対象になります。
例えば窓の変更の場合、横に広げると柱の変更があるので構造にかかわるケースがありますが、BFの場合コラム移動が無ければほぼ大丈夫です。縦に変更の場合は、構造は関係ありません。

やはり、基本的にはコラムと柱のことだったんですね~。
他にも壁をなくす・追加するなども構造計算に関わりそうなので、変更料かかることになりそうな予感です。
打ち合せをしながらPCで行っているものは簡易的な構造計算らしく、ちゃんとした構造計算はCAD図面起こさないとできないってことでしょうかね。

そんなこんなで、基本設計はひと段落ってとこまで来ました。
それこそ構造計算に関係ない部分の要検討事項も、まだ少し残ってますが(・_・;)

ということで、次回はまた平日夜に私だけでインテリアの打ち合わせです。
今日は分厚い照明のカタログも借りてきました!インテリアさんにお願いしっぱなしではだめですからね…。自分の住む家、自分で理解して考えてってのも後悔しないために必要だと思ってます!

照明のカタログ3冊。
左:パナソニック、中:コイズミ、右:住友林業(各メーカーからの抜粋)


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月10日土曜日

Green Smart Solar Z!(太陽光発電)


前回の投稿について、コメント下さったお二方、本当にありがとうございました!
知りたかったことが解明でき、とてもスッキリ。
竣工後はぜひ、あのかわいい観葉植物を購入したいと意気込んでます^^

まさかこのへなちょこブログにコメント頂けると思っておらず、ダメモトだったので非常にHAPPYですヽ(・∀・)ノ


さてさて、我が家の仕様シリーズ。
今回は当初から採用を決めていた太陽光発電について書いてみます。


初めて住友林業のモデルハウスにいった頃、ちょうど屋根一体型の太陽光パネルが販売開始された時期でした。その名も Green Smart Solar Z (以下、ソーラーZ)。
住友林業HPより GreenSmartのページ画像
一条工務店(の夢発電)を視野に入れていたケンケンとしては朗報だったようです。
営業さんに聞いたところでは、7月からの販売なので採用した家の竣工は今現在はまだないようですが。。。
★Webでも記事を見つけました。
 コチラ ⇒ 14坪の屋根で12.7kWの太陽光、戸建住宅に搭載  

上記のサイトにもあるように、シャープ製で「BLACKSOLAR」という種類のパネルを使用しています。今までのパネルと比べて効率がいいということでしたが、どうなんでしょ?笑
★シャープHP内、BLACKSOLARのページ ⇒ 先進のBLACKSOLAR

ケンケンが心惹かれたのは、保証が15年というところらしいです。
なんでも太陽光発電でネックはパワーコンディショナー(パワコン)らしく、寿命はだいたい10年ってのが相場のようです。でもこのブラックソーラーの場合はシステム構成機器の保証内にパワコンも含まれるということで、それがよいとのこと。
このへんのことは、太陽光発電について不勉強な私にはさっぱりわからない(・・;)

周到に計画を練るケンケンは、当然発電シュミレーションも行っています。そんなケンケンがシュミレーションに使用したのは、超絶頭のいい人が無料配布してくれているExcelです。

その超絶頭のいい人とは、住林との契約前からケンケンが拝読していたブログ“一条工務店i-smartで建てるスマートハウス!”を運営されているさすけさん。ケンケンの読みでは、理数系の大学教授らしい(笑)

そのさすけさんは、ブログタイトル通り一条工務店でマイホームを建てられたのですが、夢発電を採用されていますので、太陽光発電に関する投稿も知識もとても豊富です。私も時々拝読していますが、とても理系の方です(なんか日本語が変)。データと根拠を大切にするケンケンの心の師匠らしいです。

おっと、話がそれました。
太陽光発電の売電シュミレーションのことでしたね(・・;)

ケンケンがお借りしたExcelは、コチラ。
(ダウンロードしたものを開いただけの画面です)
ダウンロードしたExcel画面
前述のさすけさんのブログからダウンロードさせて頂きました。
(該当の投稿はコチラ⇒

私も仕事で若干入り組んだExcel関数を使用しますが、さすけさんのこのExcelはもう意味が分かりません(笑)ケンケンはこのExcelをお借りしてシュミレーションし、ローン試算などしていました。

注:さすけさんが作られたシュミレーションは、一条工務店の夢発電を基にされています。ケンケンはそのことを理解した上で諸々の試算を行っていますので、あしからず。

なんだかもうなにが伝えたかったのかわからなくなってしまいましたが、我が家の太陽光発電は、全てケンケンに任されているとうことなのです(・・;)

ちなみに、すでに中部電力への申請は完了していて、あとは確定の返答が届くのを待っている状態。なんでも「何の種類のパネルをどれだけ搭載するのか」が確定してれば申請ができるようで、おそらく2014年度の売電価格でいけるだろうと言っていました。

参考に、我が家の太陽光発電に関する詳細(?)を載せておきます。
ちなみに、太陽光発電は“環境設備機器工事”として計上され、提案工事(いわゆるオプション)扱いでした。。。

【詳細】
搭載量:12.7kW
搭載機器:シャープ製「BLACKSOLAR」
価格:①売電メーター120A:26,540円
    ②屋根全面設置太陽光発電:4,345,000円
    共に、諸経費(きこりん税12%)と消費税は別途かかります
売電方法:全量


そして、シャープのカタログを・・・
2014年4月発行の物です。






とまあ、ここまで記事をしたためていたところで、なんと資源エネルギー庁から太陽光発電に関する新しい省令についての説明(?)で“再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について”が12月18日に発表されていました(・・;)
(PDFへのリンク⇒

驚いていろいろググってみた中では、ここがわかりやすかった。
リンク ⇒ 新たな出力制御ルール/出力抑制対象設備の拡大

昨日、設計さんから急ぎの連絡が入って知りましたが、我が家の売電価格どうなるのでしょう・・・・。不安。


↓参考になりましたら、ぜひポチッと^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

2015年1月8日木曜日

おしえてくださーーい!!!


年末年始、色々と忙しくしており、更新が滞ってしまいました(・・;)
これからまたぼちぼち更新をしていきたいと思います。


ひとまず今日は、すごくどうでもいいことを。。。。


我が家をお願いしている住友林業の某支店、夏に新しくモデルハウスをオープンしました。当県で初のBFのモデルハウスとのこと。

すでに何回かお邪魔しているのですが、今まで見に行ったモデルハウスの中で一番好きです。といっても、見に行ったのは5軒しかないのでうが。とにかく、全体的な雰囲気がとても好み。特に1Fが。色々と真似しようと思っているところもあるぐらいです(^_^)

そんなモデルハウスで、ダイニングに置かれていた観葉植物がとてもかわいくて私好み!!でも、案内してくれた方も名前がわからないとか・・・・。

ってことで、このブログを覗いて下さった方で、もしもお分かりになる方がいらっしゃるのなら教えてほしいです!!



どなたか、ご存じないですかーー??


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ