着工から121日目で引き渡しとなり、2015年7月下旬に引っ越し完了しました。
家づくり中のエントリはラベル【家づくり】に分類しています。


2014年11月25日火曜日

土地の契約してきました

先週末、分譲地の土地契約を交わしてきました。
土地契約・・・2回目(笑)
前々日に手付金を振り込み、当日に臨みました。
分譲地でも手付金っているのね(・・;)聞いてなかったから、予想外の現金放出です。イタイ。

契約は、住林の宅建主任者の方が土地の詳細や契約書の内容を説明してくれて、住林の控えと我が家がもらう書類、計2種・4冊にケンケンの署名と実印をポンポン押して終了です。
やっぱりいざ何千万もの土地(うそです。1,100万チョイ超えですw)を契約するともなると、気持ちが引き締まります。
前回は結局契約締結してないから手付金と違約金だけだったけど、今度こそ、1,000万円を超える買い物です。なんか恐ろしい・・・。本当にいいんやろかと不安もよぎるのです。


無印良品の家 千葉南モデルハウス
この木質感とスッキリ広々感が好きすぎる


それにしても、ここにきてあっという間に現金が手元からなくなっていきます。いままで貯めたお金が・・・あぁ・・・・。悲しい気持ちが拭いきれない。
まだこの先現金が必要になる場面があるので、しっかり確認しておかないとなーと思う次第です。

そろそろ土地にまつわる話も終わりなので、次回からは我が家のプランニングなどについて書いてみたいと思っています。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村


2014年11月20日木曜日

新しい土地のこと

今回は、新しい土地について書いてみようと思います。
箇条書きでいってみます。

まずは土地の環境について。

・約230戸が入る、現在進行形の分譲地
・多くの大手HMが分譲地として所有しているが、建築条件なしの土地も多い
・私たちが選んだのは、住林の分譲地
・すでに地盤調査&敷地調査済み
・地盤は良好(改良の必要なし)
・敷地面積は約60坪
・南道路で開口は10m程

土地スペックとしてはこんな感じでしょうか?
新しい分譲地なので周りは同世代の方が多く、街は綺麗だし、静か。そして山あり川ありで自然がいっぱいです。なんでも「名勝」ってやつに該当する場所につくられた分譲地です。


【名勝とは】
1.景色の良い土地のこと。名勝地、景勝(地)(けいしょう(ち))ともいう。
2.日本における文化財の種類のひとつで、芸術上または観賞上価値が高い土地について、日本国および地方公共団体が指定を行ったもの。特に、文化財保護法第109条第1項において規定された、国指定の文化財の種類のひとつ。
(ウィキペディアより)


住林HP 自家自賛より。
こんなすてきな景色のスッキリしたダイニングに憧れる・・・


購入予定の分譲地は、上記の2に該当するのです。
そのおかげで、住宅を建てる場合には特定の基準があり、さらには国への申請が必要なんだとか。しかもその申請を提出してからOKの通知があるまでに、3か月もかかるらしい(・・;)
うーーん、長い。まさにお役所仕事って感じです。

我が家の場合、ソーラーZ(太陽光発電)を乗っけて全量買い取りしてもらう予定なので、今の電力会社の状況を見ても早めに申請して資格をゲットしておきたい!中部地方で中電管轄なので、今のところは申請許可ストップかかってませんが、いつどうなるかわからない。
今の全量買い取り価格が保証されている年度内には確実にしたいので、12月の名勝に関する申請申込みに間に合わせなくては!!
(申し込みは月に1度だけなのです)

ってことで、今急ピッチで色々決めてます。

名勝の申請するためには、

・外観の色の決定(色指定あり)
・外観開口(窓、玄関)の決定

が必要で、さらにはパース図面や間取り図面も提出するらしいので、間取りもほぼ確定しなくていけないのです。


はーーーーー!頑張る!!!


とはいえ、自然が大好きな夫婦としてはとても好みの土地。
なぜ初めからここにしなかったのかというと、水災害に対する不安がぬぐいきれなかったため。そして解約した土地よりも、職場から遠いため。
しかし、解約騒動により今一度この土地を検討し色々調べ、さらに夫婦でメリットデメリットを新旧の土地で挙げて比較し、不安もほぼほぼ解消できたので、ここにしよう!と決心できました。
今は週末ごとに通って、分譲地内をてくてく散歩しつつ周りの環境を確かめているところです^^




2014年11月10日月曜日

土地について4 ~まさかの結果~

どうも、こっちです。
どうやらブログは私の性格的に合わないのか(笑)、優先順位的に後回しになっています(・・;)
本来、書くなら書くで細かく書きたいのに、時間がないのでそれができなくてどんどんどうでもよくなってくるという。。。
白黒はっきりしたい方の性格らしいですね。笑


ひとまず前回の、地盤改良の件以降のお話をざっくりとまとめたいと思います。


地盤改良、どうしたか?

ズバリ、やってません!!!


はぁ!?って感じですが、やってないのです、地盤改良。
てゆーか、

土地の契約解除しちゃいました!


あーー、やっちまったよ感満載。
もちろん、契約解除の違約金払いました。
正に、昨日。契約解除の書類にハンコを押してきました。

手付は少なくしてもらっていたので、失った金額はトータルで106万。
でかいよ。。。。これはでかいよ(´д`。)

でも、実はすでに次の土地を決めてます。
その土地と、解約した土地で、当時の間取りや設備での価格比較はイヤってほどしました(ケンケンが)。その上での契約解除です。違約金を払ってなお、新しい土地の方がいいという決断です。

いやぁ、、、、人々があまり経験しないであろう経験でした。
あっちゅーまに100万がすっとぶという恐ろしい出来事でした。
でも、これを勉強料として新土地でいい家を作りたいと思っています!


なんて、かるーく書いてますけど、この106万は本当に痛手です。
双方の両親に援助(もらうのではなく、借りる)を頼まずに自力ですべて行ける予定だったのですが、この違約金発生で借りないといけなくなりそうな予感。こうなった今、少しでも借入金額を減らしたいので。もちろん、私が働く予定期間も1年延長です(笑)。


住林HP 自家自賛より。
テーブルクロスがステキ!



ここで、土地を契約しようとしている人に助言したい!!!


土地の手付解除で期間はできるだけ長くとったほうがいい


我が家の場合、売主・買主(私たち)双方の不動産屋のやり取り内で、手付解除期間は1週間に定められていました。(もしかして交渉すればもっと長くできたかもしれないのに・・・・!)
色々調べてみるとその期間は1か月にしている土地売買もあるようで、私たちももしそうしていれば、その期間内に地盤調査をし、その結果と地盤改良方法・金額を聞き、どうするか考えるという期間を経た後での解除が可能だったのです。
そうすればこの106万円の痛手はなかったのかもしれない。そう思うと、本当に手付解除期間については悔やまれます。不勉強だった自分がダメだったと!!

もっといいのは、特約みたいなのの内容に、「地盤改良が必要なら無条件で解除可」のような内容を盛り込むこと。これは、ケンケンが持ちかけたのですが却下されてしまいました。ケンケンも、もっと押せばよかったと悔やんでいます。


何はともあれ、過ぎたことをグチグチいっても仕方ないので、前向きに進めたいと思います!


あ、そうそう。
この不動産をめぐるあれこれは、ほぼ全て営業Mさんが動いて下さいました。
書類集めから、書類内容の精査、解除時のあれこれも。
本当に感謝です。

しかし、Mさん・・・。
私たちが地盤について不安を残していたのを知っていたのだから、手付解除期間について助言もらえていたら・・・。

いやいや、人のせいにしてはいけない!
やはり、自分たちでもしっかり知識を付けておくことが最善策ですね。
最後はやはり、決断をした自分の責任なのです。



次からは、新土地でのプランニングなどについて書いていきたいと思います。